【小説】魔法科高校の劣等生四葉継承編以降の まとめ 感想 ネタバレ。

もう、一巻&1巻 要約、感想 書くの超面倒になって来たので、古都内乱編14巻、15巻(上・下)以降の四葉継承編 16巻、師族会議編 17、18、19巻(上・中・下)、南海騒擾編 20巻(なんかいそうじょうへん)、動乱の序章編 21、22巻(上・下)、孤立編 23巻のあらすじは、
1記事にして まとめて、要約と感想だけでいきます。

記憶が薄れたら、またラノベを読み直せばいいし、概要、大筋がわかれば問題無し!ですから。

もしかしたら、あとから、追記もしくは、大幅にリライトするかもしれないですけど………

『四葉継承編』 16巻 あらすじ

四葉継承編 16巻 表紙画像

深雪がいよいよ元旦の集まり『慶春会』に呼ばれる。
これは、深雪を四葉家の次期当主に任命するためであった。
分家の当主ら全員が集まる会合である。

それを阻止しようと、四葉家内部の分家や四葉家をよく思っていない反勢力を煽って、深雪達に牙を剥く。
最初の内は、出直して、撤退したりする訳ですが、達也の活躍(戦闘)でなんとか本家に辿り着く。

四葉家、現当主真夜から深雪が次期当主であることが発表される。
その後、深雪と達也だけ残され、真夜から思いがけない言葉が発せられる。
『深雪は達也の実の妹ではない!貴方は私の息子なのだから………』と。

完全に納得できない様子の達也を見て、真夜は後で、二人きりで詳細を話すことを決める。
そして、深雪の方を向き直って、達也が婚約者であることを告げた。
明日のお披露目会で深雪の婚約者として、達也も出席するよう告げ、話が終わる。

その後真夜のプライベートの部屋で、深雪が実の妹では無い 発言について、真夜と達也の一対一での話し合いが始まる。

深雪が実の妹でない と言うのは嘘で、達也の見張り役、世界すら滅ぼしてしまうかもしれない驚異の戦略級魔法師としての達也のストッパー役として、深雪は生まれた。 しかも超偶然の産物、同じ手順でやろうとも二度と出来ない、超越した完全なる調整体であることが達也に明かされる。

達也が深雪のガーディアンていう事実よりも、精神的支柱である深雪という存在こそが達也の脅威的な魔法師としての力に歯止めにかける役割を担っている という説明であった。
逆に言えば、達也の精神的な支柱のガーディアンは深雪って事になりますね。

深雪は、四葉家最高傑作の完全なる調整体であり、達也との間に子をもうけることも可能だと 真夜は言い切った。

翌日、達也の婚約者としてのお披露目会が催され、
その最後の方にバリオン・ランス(中性子砲)の魔法試技が行われた。

そして………これらの決定事項(深雪が次期当主であること、達也が次期当主である深雪の婚約者になったこと)は、魔法協会を通じて十師族、師補十八家、百家数字付き(ナンバーズ)などの有力魔法師に対し、通達された。

四葉継承編 まとめ、感想

端折りましたが、この他に達也が赤子の時に生まれて間もなく殺されてそうになったことを黒羽家当主 黒羽 貢から詳細を聞いたりします。

【小説】魔法科高校の劣等生15巻 古都内乱編(下) 感想 ネタバレ。

08/08/2018

その他、真夜が精神的な息子は達也だと言って狂信的な発言をしたりする、シーンもあります。

結果、深雪にとっては、至極恐悦の事だけど、ちょい無理くりな感じのように思いますねー。

この四葉継承編で、達也と深雪の過去の秘密が完全に露わになった という説明編なのかな?って思いました。

師族会議編17巻、18巻、19巻(上・中・下) 感想 まとめ

師族会議編 17巻 表紙画像
17巻の師族会議編(上)の前半は、司波深雪と司波達也が四葉直系、しかも、深雪は次期当主であり、達也がその婚約者になったことに対する、二人を知る知人、友人達の反応が見ものです。

一条将輝が親父の剛毅に問い詰められて、この婚約への異議申立てと深雪に対して将輝との婚約を四葉家に申し入れた。
また、これがタヌキ親父の七草家当主の七草弘一の興味を引く、というか四葉家の力がより強くなりそうなソノ体制に、より一層の危機感を持ったというのが正解でしょう。
その対抗策として、長女の真由美を達也の婚約者に仕立てようと画策する。

娘達3人を呼び、深雪と達也の事を話す訳です。
それを聞いて、深雪を女神、神聖化している泉美は化石化し、香澄は冷静。そして………真由美は…そわそわする。
真由美から達也に交際を申し込む と言う弘一の提案は、
妹二人たちの反対、女性から男性、しかも年上、外聞が悪いと真由美自身が父、弘一に反論する。
一応、弘一は諦める振りをする。

二人(達也と深雪)が学校に行くと、当然、噂の的になり、クラスメイトから距離を置かれる。
無論、生徒会でも同様に。
ただ、エリカの説得により、次第に幹比古、ほのか達の達也たちに対する距離感が元どおりになっていく。

ちなみに、エリカは達也たちが四葉家に関わりがあるのをクラスメイトの誰よりも以前に察していた。

魔法科高校の劣等生11巻来訪者編<下>の表紙画像

【小説】魔法科高校の劣等生11巻 来訪者編<下>の感想、ネタバレあり。

05/04/2018

中盤になると、USNAの武器庫から小型ミサイルの紛失事件があり、プリズスキャルヴを使い、レイモンドの暗躍が始まる。バランス大佐、リーナに匿名で暗号メールを送り、主犯のジード・ヘイグ 中国名 顧傑(グ・ジー)の仕業だと情報を流す。
この武器横流しと言うスキャンダルに、スターズナンバー2のカノープスにジード・ヘイグの暗殺命令が司令部から出され、実行にあたることになる。

後半になり、師族会議が密室で行われ、真夜が周公瑾との繋がりを他の師族当主にバラす。
七草家当主、弘一は追い詰められた。
だが、そこに急遽、九島烈が入ってくる。
烈は自分が作った十師族体制維持の為、九島家も周公瑾から提供された技術を使い、パラサイトを利用した魔法兵器(パラサイロボット)を若き魔法師たちの実験台にした(スティープルチェース編)ことを謝罪した。
そして…九島家が十師族から退くことにより、双璧と呼ばれる七草弘一を、自身が作りあげたその体制を庇ったのである。
その九島家の後釜に、七草家との対抗意識、過去に確執があり、因縁のある七宝家を真夜が推挙し、暫定的に七宝家は十師族の一員となる。
後日、四年に一度の十師族選定会議で、七宝家は正式に十師族入りが確定した。

一方、ジード・ヘイグは貨物船に乗り込み、師族会議があるこのチャンスを狙っていた。
師族会議の場所の箱根のホテルを死者を操って、米軍から横流しして得た爆弾を運ばせ、自爆テロを起こす。
各師族家から緊急連絡があり、師族の関係者(当主以外)の達也たち、真由美たち、一条将輝らがテロ会場になった箱根のホテルに集合するところで、この師族会議編(上)は終わる。

師族会議編 18巻 表紙画像
師族会議編(中)では、ジード・ヘイグの追跡、捕物帳が繰り広げられる。

各師族の当主が動くには、軍司令部の同意が必要であり、反魔法運動の高まり、人間主義者の監視の目があり、表だって行動ができない。
特に関東方面は七草家と十文字家のテリトリーである。よって、四葉家から真夜の推薦により達也が遣わされ、一条家は将輝、十文字家の当主となった十文字克人の指揮下に入ることになった。
七草真由美は、克人隊と兄である智一との連絡調整役となり、元一高、克人、真由美、現一高の達也、そして、一時的に一高に在籍(転校ではなく)した将輝を加えたチームでジード・ヘイグ討伐隊を編成した。
ジード・ヘイグが座間基地周辺に潜伏してるのが判明し、達也と黒羽家、亜夜子と文弥で強襲するが、米軍の介入により、ヘイグは逃げられてしまう。

師族会議編 19巻 表紙画像
師族会議編(下)に移り、四葉家のスポンサー、東道青波から九重八雲に 達也が不都合な状況にならないように手綱を握るよう、依頼が来る。八雲はこれを了承し、達也の力になるよう助力することになる。

最終手段として、達也は、座間基地で視認しているヘイグをエレメンタル・サイトで探そうと試みる。
普段はそのリソースの半分を深雪の見守りに使っている。
深雪の見守りのリソースを外し、100%に発揮したエレメタル・サイト(超千里眼みたいな能力)を使って、ついにヘイグの居場所を突き止める。

魔法科高校の劣等生 28巻 追跡編 《上》 あらすじ

04/10/2019

ただ、その場でヘイグを消すことはせず、出来れば捕らえて、最悪でも死体を残さなければ、対外的にもマズイ状況になるのは分かっていた。
パラサイト対策で習得した耐久性の高い
サイオンの塊をごく小さな銃弾にして打ち込むことにより、数日間にわたってトレース可能な信号弾にする魔法を開発していた。
これは、周公瑾を仕留めた時に、名倉の血に宿っていた『念』を想子(サイオン)弾として応用したものである。

達也は真由美にジード・ヘイグが平塚市に潜伏してることを伝えた。
ヘイグに対する日本の警察をも巻き込んだ包囲網が敷かれる。
一方、ヘイグの方も日本からの脱出を計画していて、実行に移すことになった。
ヘイグを相模湾河口近くの砂防林で激しい戦闘が行われた。日本魔法師団、警察の攻撃に対抗し、なんとかヘイグを海上に逃がし、公海上での抹殺を企む米軍。

あともう少しのところで、ヘイグの船に追い付きそうな達也たちの船だったが、
ヘイグは公海上で、USNA スターズNO.2のカノープスの分子ディバイダーで海の藻屑と化した。

まとめ、感想

この他、エリカの長兄 千葉寿和が相棒の稲垣を囮にして、ヘイグの強力な死体を操る術式(僵尸術(きょうしじゅつ))にかかって傀儡となり、達也と対峙するシーンがあります。
冷淡で冷静な達也も魔法師が単なる道具として使われた憤慨と哀愁に、
何度も寿和の名前を呼び、無駄だと思いつつも呼び醒まそうと試みる。
達也の強烈な心の慟哭が垣間見れます。

結局、寿和の急所である心臓に雲散霧消(ミスト・ディスバージョン)を発動した左拳を打ち込み、寿和は斃される。
その死体の弔い、解呪を八雲が引き受ける。
寿和の死体は実家に帰り、気の強いエリカが号泣し、達也が慰める という結果となる。

そして………藤林…婚約者が軍人になるのを止めるのが遅過ぎた。千葉寿和が近江円磨(おうみかずきよ)
に近づくのを、止めるのが遅すぎた。
自身の気持ちに気づくのが喪われてから。
婚約者のことも、寿和に対して、好感以上の想いを抱いていたこも。
自分は何でいつもこうなんだろう?という後悔の念が増すばかりであった。

藤林さんも悲劇ですね。
情報は渡さなければならない、でも、そうなってしまう、傀儡となってしまう可能性もある。
任務遂行の為とは言え、やり切れない思いが噴出します。

師族会議編(下)の最後のほうに、番外編として、一条将輝の転校日記もあります。

将輝の深雪に対する想いを綴った日記風のストーリー。
一高のクラスメイトの絡みあり! 妹の上京あり!
のちょっとしたドタバタ劇が繰り広げられます。
一応、この師族会議編のストーリーともリンクしており、時系列に並べてありますね。
こちらもなかなか将輝の心情情景の移り変わりがよく分かり、なかなか面白い。

南海騒擾(なんかいそうじょう)編 20巻 感想 まとめ

南海騒擾編 20巻 表紙画像

この編では、沖縄の久米島、人工島を巡っての話。

四葉家、師族の代表として、あの事件(大亜連合による沖縄侵攻)から今年で5年になるので、この節目の年に行われる大規模な慰霊祭の打ち合わせと犠牲者の遺族の意見を尊重している政府のアピールもあり、併せて、お彼岸の法要にも出席するよう、真夜より依頼が来た。

それに呼応するように、この一大国家プロジェクトを台無しにしようと、オーストラリアの魔法師が蠢く。

それを阻止しようと、達也、深雪、達也が特尉(今回は四葉家代表として)をして所属してる第101旅団の風間率いる部隊も合流する。

さらに、大亜連合と日本の間に休戦協定が結ばれ、風間率いる隊との協調路線をとり、一時的に仲間になった 大亜連合軍特務部隊上校の陳祥山(チェン・シャン・シェン)と特殊工作隊エースの呂剛虎(ルゥ・ガン フゥ)の存在があった。

動乱の序章編21巻、22巻(上・下) 感想 まとめ

只今、工事中………

孤立編 23巻 感想 まとめ

只今、まとめ中………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

お酒類、アニメ、ラノベ、漫画大好物。 ワードプレス《WordPress》【有料テーマSTORK(ストーク)】をイキナリ 初めて使っているので、色々と困りごと多し。 もう若干、ジジィなので、肉体的にも精神的にもあまり無理はしない!ガテン系Wワークマン。 プロフィール名は、自身名前の一部とお気に入りの書の詩人、相田みつを さんをもじって付けました。