二か月経ったので、自身のブログのドメインパワーなどを調べてみた

ワードプレスで初めてブログを運営して、約二か月経ったので、ドメインパワーを計測してみました。

SEOチェキで調べてみる

ドメインパワーは、一言で言うと検索エンジンからの評価の高さです。(昔のページランクにあたる?)

検索エンジンを運営するGoogleやyahooなどの検索ロボットは、サイトを巡回(クロール)しながら、
「このドメインは信頼できるかどうか」「ユーザーにとって有用かどうか」を判断し、評価しています。

ドメインパワーが強いと(検索エンジンからの評価が高いと)検索結果の上位に表示されやすくなります。

これだけでPVが全然変わってきますし。

仮に、ドメインパワーが強いブログと弱いブログがほとんど同じような記事を書いたとしても、ドメインパワーが強いブログが検索結果の上位に表示される傾向にあるし。

MOZでドメインパワーを測定する方法。 勿論、無料で。

そのドメインパワーをmozというサイトで簡単に測定することができます。

それだけでは、芸がないので!? ページランク時代にお世話になっていた、SEOチェキって、
サイトで調べてみました。

基本チェック項目として、利用ホスト、ドメインの登録年月日、ソーシャルブックマーク登録数など…

追加チェック項目として、検索順位、キーワード出現頻度、発リンク一覧、Whois情報、HTTPヘッダ情報。

の一覧が表示されます。

サイトへ飛ぶと、「URL」欄がありますので、

ここに自分のブログのURLを打ち込んで、チェック!のボタンを押してください。

尚、中段左上にインデックス数が表示されますが、正式であるグーグルのサーチコンソール(通称:サチコ)と比べて、あまりに数値の差異があるので、当てにならないと思います。

中段右上の検索順位チェックも ワードが3つまでだし、Yahoo!の順位チェックは10位までだし、
実用性に乏しいので、
これならば、ブロガー、アフィリエイター御用達の

検索順位チェックツールGRC・(通称:GRC)
GRC検索順位チェックツール
の方が良いですね。

無料で、検索ワード10個(PC版)+ もう10個【GRCモバイル】 合計20個登録したワードの検索順位を追跡調査できますから。(※GRCは一日一回ずつしか回せません。PCとモバイル一回ずつしか検索順位追跡ができませんので・・・)

検索順位なんて、急に伸びるものではないと知りつつ、必ず毎日、帰宅してから、回しております。(苦笑)

今後、ブログ&サイト運営を長く続けるつもりなら、ゆくゆくは無料版では無くて、有料版の方にグレードアップした方が宜しいと思います。
記事数が増えれば、増える程、それに伴って、サーチコンソールのクエリが増加すれば、追跡するキーワードの個数が足らなくなると考えます。

検索エンジンからのオーガニック検索数は、やっぱり、重要で、大袈裟に言えば、命だと思います。

私自身は、検索ワード50個のベーシック・ライセンスプラン(年/4860円)。 月々に換算すると、405円なので、今のところはこれで満足していますね。(※何故か?クレジットカード払いは出来なくて、指定の口座に銀行振込となります。ちょい手間がかかりますが。)

勿論、サイト&ブログが増えても、更に、これ以上の上位版ライセンスも取得出来るので、後々の状況により変更するのもアリ!ですね。

Open Site Explorer(MOZ)を使ってみる

中段左下に被リンクチェック欄のところにopen site explorerのリンクがあるので、遷移すると、

MOZのサイト、また自身のブログのURLを入れると、結果が表示されます。

DA(ドメイン オーソリティ) PA(ページオーソリティ)共に “1” でした(泣)

DA、PAは、そのサイトが検索エンジンでの順位において、どの程度良く評価されるかを示す指標。 SEOmozが提唱する用語のことです。

ただグーグル先生が正式に認めているものではないので、あくまでも目安ですね。

オーソリティーが私みたいに 1 であっても、キーワード次第では検索1位をまぐれで取れる場合もありますし。(笑)

検索で色々と調べてみると、約三ヶ月目辺りから、ぼちぼちとPVが伸びてくるような見解のブログ記事もあったので、また、来月末ぐらいにこのブログのドメインパワーを調べてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

お酒類、アニメ、ラノベ、漫画大好物。 ワードプレスを初めて使っているので、色々と困りごと多し。 もう若干、ジジィなので、無理はしない!ガテン系Wワークマン。 プロフィール名は、自身名前の一部とお気に入りの書の詩人、相田みつを さんをもじって付けました。