再度、アニメ魔法科高校の劣等生を視聴した感想(あらすじ、ネタバレあり)

先日、超久々にツタヤに行って、『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』を借りて観てみました。

その感想については、割愛しますが、また再度、アニメを観てみたくなり、Dアニメストアで土日休みに一気に視聴。

多少、ネタバレになってしまうかもしれませんが、
あらすじ、概要 そして見どころを紹介。

時代設定、プロローグ

西暦2095年・・・・魔法が現実の技術として確立し、魔法師の養成が国策となった時代。
十師族の一つである、四葉家という秘密主義の家系に生まれ、次期当主として、将来を縛られた妹・深雪と、そのガーディアンとしてやはり束縛されている兄・達也が、自分たちの自由を掴み取ろうとするという物語が一応、大筋。

入学編(第1話~第7話)概要

兄の司波達也と妹の司波深雪(みゆき)がそろって国立魔法大学付属第一高校に入学したところから、この物語は始まる。
入学試験の結果から、達也は、補欠の二科生(ウイード、“雑草”)主席の深雪は一科生(ブルーム、“花冠”)という設定。

2話の終わりの方と3話の初めの方に、達也の風紀委員入りを巡り、主人公・達也と生徒副会長・服部刑部との模擬戦闘がある。

個人的 見どころ
神速的な体術で服部の背後に回り、激しい船酔いを起こす様なループ魔術を駆使し、戦闘不能に陥れる。

第四話では、部員勧誘模擬演武の場で、剣道部の壬生紗耶香と同じく剣道部の桐原武明が衝突したのを、風紀委員になった達也が騒動を簡単に収める。
主人公、達也の圧倒的な無双ぶりが垣間見れますね。

入学編の最後、七話では、政治結社ブランシュのアジトに、達也、深雪、エリカ、レオ、十文字、そして紗耶香を催眠術で記憶を改ざん、利用されたことに憤る桐原まで同行し、
武装したブランシュメンバーを爽快&痛快に叩きのめしていく・・・のも見どころの一つですね。

九校戦編(第8話~第18話)概要

全国の魔法大学付属高校が、年に一度のスポーツ系魔法を競い合う九校戦の時期。その勝敗を賭けの対象として、国際犯罪シンジゲート・無頭龍(ノー・ヘッド・ドラゴン)が蠢く。
達也のいる一高に妨害工作を仕掛けてくる っていうのが、大筋のストーリーですね。
一番の見どころっていうのは、仕方なく選手として出場した達也と三校代表、十師族の次期当主一条との激突!モノリス・コードという競技で激しい撃ち合いの戦いを展開する。

見どころ
一条の耳元で指を鳴らして、その音を魔法で増幅し、鼓膜破損と三半規管を激しく揺らして戦闘不能にする。
そのソニック・ウェイブは、会場外の観客席にも拡がり、一種の衝撃波のように観客の耳をつんざいていく。

その他の見せ場としては、一高同士の深雪と雫のアイス・ピラーズ・ブレイク(氷柱破壊の競技)など…

最終的には、あまりにも非道な妨害工作で、達也の怒りを買ってしまい、無頭竜の幹部は消去されてしまう。
高校生・達也ではなくて、鬼神の如く、冷徹な軍人としての裏の顔を見せつけて。。。

見所
超長距離からの魔法での狙撃。撃たれたメンバーが跡形もなく、消えていく。

横浜騒乱編(第19話~第26話、最終話 概要)

義母の小百合から聖遺物(レリック)、ニノ勾玉(にのまがたま)の解析を引き受けることに。

このレリックには、魔法式を保存する機能があるらしく、その聖遺物を大亜連合も狙っていて、
そして、このレリックを引き金に、横浜中の騒乱が始まる。
横浜は、知の九校戦と呼ばれる論文コンペの会場地であり、一高の論文コンペメンバーとして達也も参加。
しかも、横浜には、魔法協会のビルもあり、そのデータをも大亜連合は狙っているという始末。

大亜連合、日本軍、九校の生徒たち、そして、市民を巻き込んだ市街戦が展開される!

話の途中で、緊急事態のため、達也が軍属であることがばれてしまったりするが、圧倒的な無双ぶりは輪をかけて加速する。

こちらも最後は、逃走した大亜連合のタンカーを マテリアル・バースト という強大な魔法で消し去ってしまう。

見どころ
軍において、戦略級魔法士として位置付けられる、達也の真価が発揮される。自艦の船上で核兵器にも匹敵するマテリアル・バーストを発動する。大亜連合の船が凄まじい破壊の大光球に包まれる。

この翌日、大亜連合は、鎮海軍港に艦艇を集結させていた。その対応に遅れた日本軍は状況を打破する為、再度、マテリアル・バーストを発動した。

これにより、戦略級魔法師 劉雲徳と軍港内施設、多数の艦隊を失うことになった。

後生の歴史家はこの事件を『灼熱のハロウィン』 とよんだ。 魔法の優越を決定づけた事件であり、魔法こそが勝敗を決する力だと、明らかにした出来事だった。
後世においては、軍人史、人類史、歴史の転換点ともみなされている。

まとめと今後の見解

のっけから、兄.・達也のシスコンぶりと妹・深雪のブラコンぶりが発揮されます(笑) ちょい調べたら、 どうやら血の繋がりは無いような感じですが?!

今後も兄と妹のラブラブぶり!?は健在するでしょう!

一応、あらすじ、概要なので、級友(クラスメイト)の絡み、エピソードなどは省略しております。

私自身、アニメしか観ていない えせフリーク なので、色々と疑問点が出てきます。

例えば、達也はいつ軍属に、どういう経緯で入ったの?とか(追憶編)、四葉家の裏事情とか。(多少、ソレっぽいふりの回想場面画像は出てきますが。)

十師族の意味・意義とか。など・・・がアニメでは詳細に描かれていないので、やはり原作のラノベ(筆者・佐島勤)を読まないと、
フォローしきれないなぁ と思いました。

追記:この「灼熱のハロウィン」によって、事態は大きく動くことになります。大国(UNSA、新ソビエト連邦)など 当然のことながら、達也はマークされることになります。

検索で調べて見たところ、魔法科高校の劣等生(25)エスケープ編(下)が2018 4/10 に最新刊が発売なので、

魔法科高校の劣等生(25) エスケープ編<下> (電撃文庫)

中古価格
¥590から
(2018/4/13 20:12時点)

今後のことも含めて、この際、アニメ内容以外の文庫本を購入し集めて、読み漁ってみようかな っと思った次第です。
魔法科高校の劣等生8巻、表紙画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

お酒類、アニメ、ラノベ、漫画大好物。 ワードプレスを初めて使っているので、色々と困りごと多し。 もうジジィなので、無理はしない!ガテン系Wワークマン。 プロフィール名は、自身名前の一部とお気に入りの書の詩人、相田みつをさんをもじって付けました。