風呂場の鏡の水垢を素早く取り、綺麗にする方法。

風呂場の鏡の水垢汚れが我慢できなくなった!

普段から電気カミソリは苦手なので、風呂場でヒゲを剃る派の私です。

電気カミソリを持っていない訳ではありません。

旅行に行く時、お酒飲み過ぎて 前日 風呂に入ってない場合などは、電気カミソリを使います。

でも、お肌がデリケート?!なのか 赤くなりやすいんですよね。
一度、気になり出すと、何度もアゴを触って掻いてしまうんです。
なんで、苦手なんです。昔から………

と、言うことで 普段は、風呂場の鏡を使ってヒゲを剃るんですが、水垢で曇りに曇っちゃって わざわざ水(お湯)を鏡に付けて、剃ってます。

風呂に入るたびに、これじゃいけない!と思いつつも面倒なので、放置してました〜 (-_-;)

おそらく、年末の大掃除の時もやった記憶がここ数年ないので、こういう状態(水垢ウロコ状)になったのでしょう!
自宅の風呂場の鏡の水垢画像

ほぼプロ仕様のやり方なので、ご注意を!

《用意するもの》ダイソー 100均 ショップで買った『ダイヤモンド ウロコ とり』。
ダイソー、ダイヤモンド ウロコとり画像

それと、現場で、主にガラスクリーニングで使用している、三枚刃のホルダーと三枚刃一枚(新品)。
実際に使用している三枚刃ホルダーと替え刃ケースの画像

まず、水(お湯)で鏡を濡らし、三枚刃で水垢を切ります。
水気を 乾いたウェス(タオル、雑巾)で綺麗に拭き取り、乾いた状態にします。

この乾いた状態でまたさらに、三枚刃で切ります。

“切る”と表現していますが、実際は削ぎ落とす感じになります。

⚠️注意事項
この三枚刃ホルダー、東急ハンズや大型のホームセンターにも売ってると思います。(全く同じものではなく、似たような物かな?)

しかし、未経験者が使うと、まず、鏡が傷つくと思います。
刃(は)を入れる角度、微妙な力加減が、何度か経験しないとわからないから………

それでも、大掃除の時、ガラスの清掃でも使えるので、一つあると便利です。
最初は自宅のガラスを使って、感覚を覚えて 鏡にGo!の方がベターですね。

あと、この三枚刃はカミソリの刃と同じで、手を切り易いので、扱い注意です!
一応、未経験者、素人さんは使うのをやめた方が無難です!
※ホント!マジに自己責任でお願いします m(__)m
かなり鋭いので、軽く触れただけでも 「サクッ」といってしまい、 場所によっては血が吹き出します。

私は長年の経験者で 慣れているので、上手くいってるだけです。

写メは撮ってませんが、下部に石鹸のカスのような白い物が落ちて来ます。

これで、おおよそ半分くらいの水垢が落ちたようになります。
表面上の水垢汚れが薄くなり、初期の汚れ具合からまあまあ綺麗になります。

所用時間 約5分、2/3が綺麗になりました。

何故?こういう作業をするかと言うと、このダイヤモンド ウロコ取り、名の通り 人工ダイヤモンドを練りこんであるので、傷つきやすいんです。

そりゃそうですもん、人工とは言え、地球上で一番硬い鉱物(硬度10)なんで、しゃあ無いですよね。

通常の研磨剤入りの洗浄剤よりも傷つきやすい代物なので、擦る回数を少なくするためです。

擦る回数が多ければ多いほど、傷つく可能性が高くなります。
まぁ 当たり前ですネ!

要は、この『ウロコ取り』を使う前の下処理になります。

お湯(水)で鏡を濡らして、擦ります。
すると、濃い乳白色(石鹸水のような色)に、濡らした水が染まって来ます。

あと、シャーっていう音がして、抵抗感があるので、落ちてるな!っていうのがわかりますね。

この作業を二、三回繰り返します。

濃い乳白色から薄い乳白色に変わり、抵抗感がなくなって来ます。

そうしたら、最後の仕上げに入ります。

鏡が濡れている状態だと、完全に水垢等が落ちているか? 確認出来ないので、スクイージで水を切り落とすか、乾いた雑巾&タオルでキレイに拭き取ります。

三枚刃の刃(は)を新品に交換して、乾いた状態で、
落とし切れていない水垢を削ぎ落としてゆきます。
(切れない刃は鏡をキズつける原因となる為)

濡れている状態だと、滑りやすく、まだ三枚刃(ホルダー)は扱いやすいのですが、乾いた状態だと難易度が上がります。

上記の注意事項の説明で謳ってますけど、あくまで自己責任でお願い致します。

これで、終了です!!

違いを見せる為に、上部 約1/3はやってません。
水垢ウロコ落とし後の全体画像

水垢ウロコ、クリーニング後の接写画像

《近づいて写メを撮ったもの》

かなり見づらいかもしれませんが……
(見苦しい物が写ってて、ずみ”ません (/ _ ; ) )

所用時間、約5分。
お風呂で頭をシャンプーして、体洗って、湯冷めしないうちに終了しました(^O^)/

ですが、水垢の汚れ具合(放置経年数)によっては、もっと時間がかかるかもしれませんね。

そういえば、ダイソーに行ったら、クエン酸のパックも売っていました。

昔、TVで 家事えもん さんがクエン酸をサランラップを使って、1時間or2時間 浸して鏡のウロコ落とししてましたが、アレはあくまで家庭向けのやり方でしょ!って思ってます。

私が知る限りでは、実際の中古クリーニングではそういうやり方してたら、残業になってしまうよ?!
クリーニング作業するのは、風呂場の鏡だけじゃないし!

ってね。

ですが、クエン酸を使用する、組み合わせた方法で、作業すれば、一般の方にも応用は効く!と思います。

例えば、クエン酸に浸した後、鏡が濡れた状態で三枚刃の刃を入れて削ぎ落とす。
乾いた状態にして、水垢が残っている場所を確認する。
そのあと、ダイヤモンド ウロコとり で、除去できなかったところの水垢を落とす。

私は、実際に試したことはありませんが、多少の時間短縮にはなる と思います。

そもそも、“カラ切り”…… 乾いた状態で三枚刃の刃を入れる行為は、濡れた状態より力加減が難しいので、慣れるまでは やめときましょう。

まとめ、感想、考察

この『ダイヤモンド・ウロコとり』の裏の説明書きを見たら、何回もやって水垢を落とします。 って なってましたが、5、6回やると間違いなくキズつきますねー
ダイソー、水垢ウロコとり 裏の注意書き画像

まだ、ミクロの見えないキズならともかくも、目視して、完全に分かる程、傷がつきます。

ちなみに、鏡の角の見えづらいところで試してみました。

キズついても良さげなカドのところで、どの程度やるとキズつくのか? テストした方が良いですね。

なので、約5年以上、放置している状態の鏡は、このやり方をするのは 危険だと思いました。
水垢ウロコが落ちなくはないでしょうが、力を入れて擦る回数が増えるし、キズつく可能性が高くなるので。

もう、全身姿がほとんど見えなくて、くもりガラス状態の鏡はやっぱり、TVでおなじみの『茂木和哉』さんを使用した方がいいでしょう。

それか、鏡自体を交換した方が一番良いでしょうね。
でも、お金がかかる事なので、パスしたいところでしょうが。

ただ、キズついた鏡は劣化が早くなり、結局、交換 もしくは使用不可状態になるので、多少高くつくのかもしれませんが、専門の清掃薬剤を使用した方が無難です。

浴室の鏡が見えなくたって、電気カミソリ使って、手鏡などを使用してヒゲ剃ればいいじゃん!の方は必要ないと思いますけどネ。
これも、一人暮らしの人は良いけど、家族又は、恋人等と同居の方はそうも言ってられない?! と思いますがネ。

やはり、バスルームの鏡は湿気が多いとこなので、使い終わったら、拭いて置きたいところでしょうが、わざわざそんなマメなことする人いないでしょう!?
(私はズボラなので、絶対にそんなことはしません!)

なので、水垢ウロコが堆積しないように、年一回の大掃除の時だけでも、一旦、キレイにしといた方がのちのちの面倒が少なくなるでしょうね。(自戒)

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

お酒類、アニメ、ラノベ、漫画大好物。 ワードプレス《WordPress》【有料テーマSTORK(ストーク)】をイキナリ 初めて使っているので、色々と困りごと多し。 もう若干、ジジィなので、肉体的にも精神的にもあまり無理はしない!ガテン系Wワークマン。 プロフィール名は、自身名前の一部とお気に入りの書の詩人、相田みつを さんをもじって付けました。