ツイッターカード(twitter card)が表示されなくて、イライラして丸一日費やした話。

ツイッターカードとは?!


上の画像のように、画像とリンクがカードで表示される方式です。
よく、プロモーション(ツイッター広告)もこういう風に表示されているのを見た方も多いと思います。
目立つし、視認率も上がり、クリックされやすい為ですね。

ツイッターカードが表示されないのは、自身のツイッター側の設定に問題アリ!

【注意事項】

ツイッターの『設定とプライバシー』➡️『プライバシーとセキュリティ』に進み、その欄の下部 《セキュリティ》のところにツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する必ずオフ(Off)になっているか?確認しましょう。

これがオン(On)になったままだと、いつまでたってもツイッターカードはキチンと表示されません。

※センシティブな内容……慎重を要する内容、画像、動画を意味し、ツイッターカード表示でなくても、通常の画像でもフィルターがかかり表示不可になります。
このセンシティブな内容って言う基準がはっきりよくわかりませんネ。
明らかにエロ系とか暴力系とかなど、一般常識に合わせて判断できないから。

私自身はこのせいで、ほぼ丸一日費やしてしまいましたー 。゚(゚´Д`゚)゚。
てっきり、プラグイン側に問題がある と完全に思い込んでましたから。

プラグイン All in One SEO packのでの設定方法

上記のプラグインを入れてない場合、入れて下さい。

あくまで、WordPress(ワードプレス)での設定方法になります。

All in one SEO packの機能管理ボタンをクリックし、ソーシャルをactivate(有効)からdeactivate(無効)にし、ソーシャルの欄を表示させるようにします。

ソーシャルの欄が表示されたら、クリックして 下の方のツイッターの設定に移ります。

自身のツイッターのアカウント名 @含めたものやtwitter ドメイン @を除いたものを打ち込み、一番下の《設定更新》ボタンを押して終了です。

私は、twitter投稿者表示にチェックは入れませんでした。

ツイッター・アカウント名表示は必要ない と思ったもので。

カード・バリデータ(card validator)、ツイッター・カード検証ツールの設定方法

カード・バリデータ(card validator)
に遷移し、ツイッター・カードとして、表示させたいURLを打ち込みます。

すべてがサクセスフリー(successfully)と緑文字色で表示されればOKです。
エラーが出ると赤字で表示されます。

何度見たことか!この光景 キィ〜〜 (//∇//)

最後に、キチンとツイッター上で表示されるか テストする

たまにキャッシュが残っていて、上手く表示がされない場合があります。

投稿したい記事のURLをカード・バリデータに打ち込んでみて、キチンと表示されるか?確認した方が無難です。

これでダメなら、私自身が最初、ヤケクソでやった!
さらに、プラグイン攻撃の『JM twitter cards』を入れてみるとか………
ちなみに私自身のワードプレスのテーマは有料テーマストーク(STORK)です。 テーマによっても、合う合わないがあるようです。

いずれにせよ、プラグイン側の一方的な原因ではなくて、ツイッター側の設定も疑ってみましょう。
私自身みたいに『どハマり状態』になってしまいますから o(`ω´ )o

ABOUTこの記事をかいた人

よしを

お酒類、アニメ、ラノベ、漫画大好物。 ワードプレス《WordPress》【有料テーマSTORK(ストーク)】をイキナリ 初めて使っているので、色々と困りごと多し。 もう若干、ジジィなので、肉体的にも精神的にもあまり無理はしない!ガテン系Wワークマン。 プロフィール名は、自身名前の一部とお気に入りの書の詩人、相田みつを さんをもじって付けました。